特殊な荷物の引越し方法

画像

○ ピアノ

ピアノを引越し先に運ぶ場合は、引越し業者の通常のメニューではそれは扱っていませんので、オプションで1件いくらで依頼することになります。または、ピアノのみを運んでもらえるピアノ運搬業者に個別に依頼するという方法があります。手続き的には、引越し業さのほうが窓口が1つで楽ですし、時間なども引越しの際のタイムスケジュールに合わせてくれるので便利でしょう。個別に頼む場合は、あらかじめピアノののみを運搬してもらったり、引越し後に運搬してもらったりと面倒なことが多いです。金額的な面では、引越し業者の場合は、ピアノ運搬のオプションも含めての価格交渉ができますので、安くさせやすいでしょう。ピアノ運搬業者のほうが値引きには応じてもらいずらいと思われます。

○ 車やバイク

バイクで大きくない場合は、他の荷物と一緒に運んでもらうことが可能なことがあります。それは各引越し業者に問い合わせみましょう。車、大型のバイクの場合は、運搬する必要があるのは長距離の場合だと思います。近場の引越しならば、ほとんどの方が自分で車やバイクを運転されることでしょう。運転が大変な長距離の場合は、オプションで陸送サービスを行っている引越し業者がありますので、こちらを利用することになります。または、自動車陸送を専門とする業者に依頼します。価格については、距離で金額が異なります。できるだけ節約したい場合は引越し業者と専門業者、両方に見積もりしてもらい、双方の価格を確かめることをおすすめします。

○ ベット、大型家具の搬送

ベッド、大型の家具などは、引越業者の通常の料金に含まれますので、とくにオプションで頼んだり、専門業者に依頼する必要はありません。ただ大型の家具の運搬こそが引越業者の腕の見せどころといっていいでしょう。家具の場合、それ自体が高価な場合もありますので、運び出す際に傷つけたり、壁などを破損するようなことがあっては困ります。しっかり梱包や養生を行い、慎重に運んでくれる業者であるかどうかが肝心です。大型の家具、家電のみ引越業者に依頼する方もいますが、それはこうした引越業者ならではの技術に期待してのこと。また、トラックで運ぶ際もしっかり固定できでおらず壊れてしまっては困るので、やはり大切なベッドや家具に関しては業者に依頼しましょう。また、万が一業者が運んだにも関わらず、トラブルがあった場合、補償がどのようになっているかを確認しておくことが重要です。補償額などをチェックしておきましょう。